豆知識

雑学

「十二支」と「干支」の違い

「十二支」と「干支」の違い

人生の大きな節目の1つである「還暦」がなぜ<60歳>なのかご存知ですか?実は「十二支」と「干支」が関係しています。十二支(じゅうにし)とは子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種類です。十干(じっかん)とは甲(こう)、乙(おつ)、丙(へい)、丁(てい)、戊(ぼ)、己(き)、庚(こう)、辛(しん)、壬(じん)、癸(き)の10種類あります。十干として読む時には、甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちのと)、庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みづのえ)、癸(みづのと)となります。干支(えと)とは実は「干」と「支」は別の言葉であり、正確には十干十二支(じっかんじゅうにし)と言いいます。これは、十二支と十干とを組み合わせたもので、十干の「干」と十二支の「支」で干支なのです。十二支と十干の組み合わせは60あるため、干支は60種類あります。60年で干...

賀寿について

賀寿について

「賀寿」とは、長寿をお祝いすることです。節目の年齢ごとにお祝いの名前があり、その由来とあわせてご紹介します。 従来は、数え年(生まれた年を一歳として、そのあと新年のたびに一歳を加えて数える年齢)で祝うのがしきたりでしたが、現在は満年齢で祝うことも多くなっています。...

年齢の数え方

年齢の数え方

満年齢は現在の年齢であり誕生日で「年齢」を数える方法です。数え年は「年齢+1歳」です。現在のように誕生日で歳を数えるのではなく、生まれた時を1歳とし「正月を迎えるたびに年齢を1歳重ねるという計算方法」です。 最近では、満年齢でお祝い事を行うことも多く、七五三もその一つです。七五三は、子どもの成長を願い、平安時代過多受け継がれてきた行事です。また、節分の豆を食べる数も満年齢分を食べる方がほとんどかと思いますが、火で炒り、邪気を払った豆は『福豆』と呼ばれ、福を年の数だけ身体に取り入れることで"次の年も健康で幸せに過ごせますように"と願った、とわれています。...